マッキントッシュ 買取(McIntosh)なら オーディオ買取のガクヤ!

  • オーディオ 買取 »
  • マッキントッシュ 買取(McIntosh)なら オーディオ買取のガクヤ!
マッキントッシュ 買取(McIntosh)

マッキントッシュ 買取(McIntosh)ならオーディオ買取のガクヤ!

まずは60秒で無料査定

マッキントッシュ 買取
(McIntosh)出張買取 宅配買取

全国対応


ガクヤの3つの安心サービス

オーディオ買取に関する事は何でも
お気軽にお問い合わせください

ガクヤオーディオ買取ネット
の査定が高い3つの理由

3tu_hukidashi
3tu_1

オーディオ買取専門スタッフによる
確かな査定


オーディオ買取市場に精通したスタッフが、お持ちのオーディオの価値を
正確に査定します。市場の適正相場をリアルタイムに算出する
システムを使用し、どこよりも高くお客様のオーディオを買い取ります。

3tu_2

独自の販売網を持つ強み


ガクヤオーディオ買取ネット独自の販売網を駆使し、在庫リスクの少ない理想的な
ショップ運営を実現しています。副次的にコスト削減へ繋がり
その分をオーディオ買取金額に上乗せしているからこそ、どこよりも高く買い取る事が可能となっております。

3tu_3

徹底的なコストダウン


自社独自の買取システムを導入し、徹底的なコスト削減に
取り組んでおり、一般的な買取業者様よりもコストがかからない分
どこよりも高くオーディオを買い取る事が出来ます。


オーディオ買取実績

JBL/4312E

買取金額

6.5万円!

B&W/
Matrix 802 Series2

買取金額

7.2万円!

DENON/
DCD-1650RE

買取金額

6.5万円!

Technics/
SL-1200MK5G

買取金額

3.7万円!

TEAC/X-2000RS

買取金額

12.5万円!

nayami_title

お客様が抱える悩み

「20年も前の古いオーディオですが買取してくれますか?」

> オーディオ製品にはそれぞれ個性があり、20年以上前
 の製品だとしても需要があれば高価買取する事が可能です!

「大きくて重いスピーカー、自分では運べないのですが取りに来てくれますか?」

> 全国オーディオ出張買取しております。まずはお気軽にご依頼ください!

「壊れているかもしれませんが売れますか?」

> オーディオ機器の中には、非常に高級な部品が使われている場合があり 壊れていてもお値段が付く場合もございます!

「出来るだけ高く売れるところがいいのですが、信頼できる人に頼みたい」

> オーディオの知識は一朝一夕で身に付くものではございません。
 オーディオを深く愛している弊社スタッフへお任せください!


ガクヤオーディオ買取ネットを選ぶメリット

リアルタイムに算出する独自システムによる高価買取査定
親切丁寧がモットーのきめ細やかな接客
買取専門スタッフによる確かな動作確認
無料で利用できる梱包キット
査定料、出張料、送料、キャンセル料など全て無料
ご都合に合わせて選べる買取方法

sen

オーディオ買取の流れ

当店ではお客様のご自宅までお伺いする【出張買取】とお客様に郵送して頂く【宅配買取】をご利用いただけます。

出張買取

nagare1

1)日程調整

2)ご訪問

3)プロがしっかり査定

4)その場で現金支払い

宅配買取

nagare2

1)査定品を梱包
(無料の梱包キットもあります)

2)必要書類と一緒に
 着払いで発送

3)到着日に査定案内

4)最短翌日にお振込み



お客様の声

otoko

東京都世田谷区 40代 男性

買換えのため買取をして頂きました。

10年ほどメインで使用していたJBL 4312をJBL 4367WXへの買換えのため買取をして頂きました。
初めて店頭以外での買取を利用することもあり、少し不安なところもありましたが、事前に電話でご相談させて頂いたときから、スタッフの方の対応が素晴しく安心して取引ができました。
無理を承知で、電話した当日を希望したのですが、すぐにご対応頂き、午前中に電話をしてその日の夕方に出張買取に来ていただけました。
事前に聞いていた買取金額が高額でしたし、10年使用していたこともあり、大幅な減額は覚悟しておりました。
しかし、実際はJBL 4312の市場での人気がまだまだあるとのことで、多少の減額程度で買取っていただけました。
また、事前に連絡していなかったMcIntoshのアンプもついで買取をしていただいたのですが、その場で現金での支払いというのも煩わしさがなくて良かったです。
出張買取に来ていただいたスタッフの方がJBL好きということもあり、4367WXにかなり興味を示されていたのが印象的でした。次回も、今回来ていただいた担当の方にお願いしたいと思います。

otoko

東京都渋谷区 30代 女性

とにかく簡単なのが良かったです。

家の大掃除の際、もう何年も使っていない古いオーディオがあったので、売れればいいなと思い電話で買取の見積もりをしてもらいました。
私はあまりオーディオに詳しく無いので、電話での買取査定の際、メーカー名や型番が分からず、すぐに答えられなかったのですが、丁寧に調べる箇所などを教えてもらい、割り出す事が出来ました。
思っていた値段よりずっと高く買い取ってもらえるということだったので、今回申し込む事にしました。
宅配で送ったりするのが面倒そうと思ってましたが、送る為の段ボールを無料で貰えたり、申し込む際にネット上で運送屋さんに取りに来てもらう日時などの段取りを簡単に出来たので、実際はそれほど手間ではありませんでした。
買取金額も高く大満足してます。支払いもすぐに指定の口座まで振り込んでもらえました。
買取の際、金額ももちろん大事ですが、親切に対応してもらって送るまでのやり取りが簡単で楽チンなのが一番良かったです。友達にもおすすめしました。
また機会があった際には、是非利用させてもらいますね。

マッキントッシュ(McIntosh)買取対象品目

下記に無いマッキントッシュ 買取(McIntosh)も是非ご相談下さい!
situmon

よくある質問

 査定や送料は無料でしょうか?

> 出張料も査定も送料も無料です。もちろん返送の場合の送料も無料でございます。
 また、振込手数料や梱包キットも無料でございます。

 金額次第で売るかどうかを決めたいのですが?

> メーカー名、型番等をお知らせいただければ、おおよその買取額をご案内いたします。
 金額に納得のいく物のみをお売り頂ければ幸いです。

 営業時間を教えてください。

> 基本定休日はございませんが、年末年始は休業させて頂いております。営業時間は10時~18時でございます。

 動作するかも分からない物でも売れますか?

> 弊社で動作確認を行いますので、ご安心ください。また、なかには壊れていても買取出来るものもございます。

 大量にあるのですが大丈夫でしょうか?

> どんなに大量でもお任せください!もちろん1点からでもご対応いたします。まずはお気軽にお問い合わせください!

area

買取エリア

全国対応

宅配買取にて全国のオーディオ買取をさせていただいております。

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京都 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都府 大阪府 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島

一部大型商品に関しましては出張買取のみとなる場合がございます。

manzoku
MARKET
PLACE
ガクヤを運営する(株)ウエストサイドでは、2014年度顧客満足度賞を受賞いたしました。
お客様からの評価が高かったマーケットプレイスに送られる賞です。
ガクヤを含む(株)ウエストサイドが運営するサービスは、お客様の満足度を最も重要視しております。

Amazon.co.jp

マケプレアワード

顧客満足度賞受賞


media

メディア情報

(株)ウエストサイドが運営するバークレーカフェが
CBCテレビ「なるほどプレゼンター!花咲かタイムズ」にて紹介されました。

毎週土曜日9:25~11:45 CBCテレビ

McIntosh(マッキントッシュ)について

McIntosh(マッキントッシュ)は、1949年にアメリカのメリーランド州シルバースプリングに、Frank H. McIntoshによって設立されました。最高のアンプを作るというビジョンを持つFrankは、Gordon J. Gowと共にあの有名な「Unity Coupled Circuit」を設計し特許も取得します。

1950年になるとGordon Gowはエグゼクティブバイスプレジデントに任命され、McIntosh最初のプリアンプ AE1を発売。1954年にはMC30とMC60を開発し、これらは高いドライブ能力を持ち大型のスピーカーを十分に鳴らしきるアンプとしてアメリカ国内を中心に注目され、McIntoshブランドとして人気を博していきます。1956年にはニューヨーク州ビンガムトンの現在の場所に移動し、生産数が大きく向上します。翌年1957年にはMcIntosh最初のAM/FMチューナーを発売。これはMcIntoshをラジオチューナー設計のリーダーとして確立したものでした。

1960年代はMC225やMC240、MC275等McIntoshを代表するようなステレオアンプが次々と開発され、ライバルであったmarantz(マランツ)はモノラルアンプに堅持し経営難の為1964年に買収されてしまいます。 1977年、FrankがMcIntoshを退職し、Gordon Gowがプレジデントとなります。その後も精力的にチャレンジする姿勢を持ち、様々な特許を取得していきます。1980年にはXRT20という3ウェイ27スピーカーの革新的なスピーカーを発売します。 近年では、ハーレーダビッドソン用のラジオや100周年のフォードGTにMcIntoshが採用されたり、iOSアプリの開発やワイヤレスサウンドシステムMcAireの開発など、挑戦をやめない姿勢で今日まで様々な革新的な製品を開発し世界中のオーディオ愛好家に愛され続けています。
McIntoshの特徴について
McIntoshの特徴としてまず挙げられるのは、やはりその洗練されたデザインでしょう。

マッキントッシュ・モノグラム・ヒートシンク
出典:メーカーサイト

ブラックのガラス製フェイスプレートは12層で塗装されており、McIntoshの専門家が品質検査まで行い、美しい仕上がりを実現しています。漆黒に浮かび上がるグリーンの文字と「ブルーアイズ」と呼ばれる青色のWattパワーメーターは優れた音質の象徴となっています。 McIntosh伝統のアウトプットオートフォーマーは多くの製品に採用され、厚くパワフルな中低域にやや明るく華やかで暖かみのある高域を併せ持ったMcIntoshならではの高品質サウンドを実現しています。このオートフォーマー部はかなりの重量があり移動の際は一苦労です。 また、安全な動作レベルを超える過大電流を検知し自動的に出力段を切断する「Sentry Monitor」と呼ばれるヒューズレスの短絡回路や、入力レベルをダイナミックに調整してクリッピングを防ぎ耳障りな音の歪みを無くす「Power Guard」等、多重の保護回路を搭載し抜群の信頼性を確保しています。最近の製品には「マッキントッシュ・モノグラム・ヒートシンク(McIntosh Monogrammed Heatsinks)」と呼ばれる新デザインを採用しており、熱を逃がすヒートシンク部分をよく見ると「Mc」の文字が隠れています。 一般的にMcIntoshアンプはそのパワフルなサウンドがJazzやRock等の音楽に向いているとされ、JBLのスピーカーとの組み合わせで使用されることが多いようです。 中低音域が得意なJBLスピーカーの特徴としては、12インチ(30cm)以上の大型なウーファーによる身体の芯に響くような低域や、中高域にはホーン型を採用し高能率で定位性再現性の高さが挙げられます。これらの特徴はMcIntoshと非常に相性が良く定番の組み合わせとなったと言われています。
McIntoshの代表機種について
McIntoshの代表機種といえば、多くの方が「C22」と「MC275」の2機種を挙げるでしょう。

McIntosh C22 現行品
出典:メーカーサイト

【C22(真空管プリアンプ)】
1962年に発売以降、何度も復刻盤が発売されるほど根強い人気があるコントロールアンプです。当時最新だった12AX7Aというオーディオに特化した真空管を使用しています。コンデンサにもバンブルビーを贅沢に使用し一切の妥協もない製品へ仕上げられています。 そのサウンドもパワフルで前に出てくるような力強さがあり、強弱の表現が豊かでメリハリのあるダイナミックなサウンドを楽しませてくれます。

McIntosh MC275 現行品
出典:メーカーサイト

【MC275(真空管ステレオパワーアンプ)】
1961年にMC75という真空管モノラルパワーアンプが登場しました。当時はモノラルLPがまだ主流でスピーカーも1台で聞いていた時代でしたが1950年代後半に登場したステレオLPが徐々に普及し始め、すぐにMC75をステレオ化させたMC275を発売しました。 こちらも何度も復刻版や限定生産されており、現在ではバージョン6まで登場しています。McIntosh独自ののユニティカップルドサーキットとバイファイラー巻きアウトプットトランスを搭載しマッキントーンを奏でます。


【TIK_00002】
PAGETOP